渋沢栄一 と ときがわ町の歴史に立ち寄る 日本のほぼ真ん中 LABO『ラボ』発信地

渋沢栄一 ときがわ町 の  歴史に立ち寄っていってね・・・ ( ^o^ )

ときがわ町出身の柴崎角次郎は渋沢栄一の秘書を務めて日本の発展に貢献した方です。

渋沢栄一と、NHK大河ドラマ『晴天を衝け』で演じる吉沢亮(栄一役)さんと、橋本愛(千代役)さん、新1万円札の見本(予定)

         

渋沢栄一 ときがわ町 歴史   !  !  !

渋沢栄一は埼玉県出身の三偉人の一人です。栄一は、現在の深谷市に生まれ、幕末にヨーロッパに渡り今の資本主義の仕組みを学び、明治・大正・昭和の初めにかけて活躍した人物です。また、現在NHKの大河ドラマ『晴天を衝け』の主人公でもあり、新一万円札肖像画にも予定されています。栄一の妻である『千代』は、後に富岡製紙場の初代工場長になる尾高惇忠の妹ですが、この惇忠と供に行動したのが大野村(現在のときがわ町大字大野)出身の(柴崎角次郎)という人物です。角次郎はのちに渋沢家の一族となり、渋沢栄一の秘書となります。なお、角次郎が後に日銀総裁そして大蔵大臣になった(渋沢敬三)を抱いた写真が渋沢史料館に所蔵されています。

 渋沢飛鳥山資料館  渋沢栄一の生家

柴崎角次郎が尾高惇忠や渋沢栄一との関係がはっきりするのは、幕末に起きた飯能戦争の時からです。振武軍を結成した尾高惇忠が追討軍に敗れ、敗走したときに惇忠たちを大野村に潜ませ、その後、伊香保温泉、そして実家のある深谷まで道案内をしながら、行動を共にしました。敗戦後、角次郎は大野村に帰らず、渋沢家を頼って生活をし、渋沢家の一族として迎え入れられ、米をつき、薪を割るなど生活全般の仕事を細やかに勤めました。また、角次郎は渋沢栄一が外遊の時は、大番頭として留守宅を任されました。明治6年(1873)には渋沢栄一の指示で飯能戦争で自刃した『渋沢平九郎』(惇忠及び千代の弟)の遺骸を収容し東京の谷中にある渋沢家の墓地に改葬しました。この改葬したときの遺骸の受け取りの書簡が、田中村(現在のときがわ町大字田中)の市川重平宛に残されています。明治7年(1874)には、平九郎の遺骸を埋葬した全洞院(現在の埼玉県入間郡越生町)に墓石を建てるなど、渋沢家のために力を尽くしました。『文/岩田泰治さん(現在のときがわ町大野地区内)』

後の日銀総裁そして大蔵大臣の渋沢敬三を抱く柴崎角次郎(ときがわ町大字大野)出身 写真は渋沢史料館所蔵

平九郎茶屋

顏振峠と渋沢平九郎最期の地

男の隠れ家

2021年大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一に後を託された男「渋沢平九郎」。奥武蔵の山中で激動の幕末を思う〈山と景色と歴史の話〉リンク

渋沢栄一の生誕地と記念館

渋沢栄一 ときがわ町 歴史

幕末の弘化4年(1847)11月、平九郎は武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市)の名主・尾高勝五郎保孝の第9子に生まれる。幼少より学問・文芸を修め、10歳で神道無念流を学び、18歳の頃には剣術を教授するなど、名主の末っ子らしく何不自由なく暮らしていたようだ。

そんな彼の人生が一変するのは慶応3年(1867)正月のこと。渡仏する栄一が妻・ちよの弟である平九郎を見立養子に指名したことで、彼は幕府崩壊の動乱に巻き込まれていく。

渋沢平九郎は、渋沢栄一の妻ちよの実の弟である。

ときがわ町にアクセスと渋沢栄一の生誕地

№10・広報ときがわ6月号より転載

ときがわ町ってこんな所

円を描くと ほぼ真ん中 あたりが、ときがわ町です!『信じるか信じないかは、貴方次第です』単管DIYランドの発信地 tankan.tv

主張したがるワケ !!! ほぼ真ん中 4連発 !!!

ほぼとは、おおかた・およそ・だいたい・・・真ん中4連発 !!!

日本のほぼ真ん中 Google画像で見る

ときがわ町日本のほぼ真ん中Google画像を見る

アイソメ立体図単管工作サンプル Google画像へリンク  ここをクリック

ときがわ町とは(都心に近い田舎町・緑と清流の町・ジョイン太君生誕地)です。No.2620210601

ときがわ町とは、こんな所

日本のほぼ真ん中ってどこなの主張したがるワケがスゲー!!!ジョイン太くんの4連発

単管ジョイン太くんの独り言

日本のほぼ真ん中4連発 ↓

円を描くと ほぼ真ん中 あたりです!!『信じるか信じないかは、貴方次第です』単管DIYランドの発信地

渋沢栄一の生誕地と記念館

埼玉県ときがわ町とは こんなとこ

都幾川とは『ミヤコイクカワ』東京へ行く川です。2006年に都幾川村と玉川村が合併して『ときがわ町』誕生。町の中央を流れる都幾川から、ときがわ町となり、荒川の支流源です。都幾川で生まれた水は1週間もすると、約100km多くの支流が交わりながら、東京の荒川となり放水路からは墨田川にも入り東京湾に流れ込んで、魚・海藻・貝が泳いでいる水です。

 ときがわ町とは、こんな所 Tokigawa Town

LABO(ラボ)金具は溶融亜鉛メッキ仕上げです・・・ドブメッキとか天ぷらメッキとも呼ぶ・・

LABO金具と単管DIY工作類

お買い物はこちら ↓

単管DIYランド Youtubeチャンネル 楽しく役立つ動画が沢山

単管金具通販 メーカー直販サイト LABO(ラボ) 金具 株式会社 単管DIY研究所

関連記事

  1. 単管パイプ金具は表面処理が、同じ溶融亜鉛鍍金仕上げがおすすめ LABOクランプ通販

  2. 単管パイプ工作 大型プランター LABO(ラボ)継手、金具、ジョイント、Shop tankan.tv

  3. 単管パイプと金具の引き抜き簡易強度のセッティングの紹介LABO(ラボ)継手

  4. 単管パイプ(二連ブランコを孫にプレゼント)製作動画もあります。 LABO(ラボ)クランプ直販 tankan.tv

  5. 単管金具ショップ パイプ継手工作 滋賀県の某ショッピングセンターで発見 LABO(ラボ)ジョイント通販 tankan.tv

  6. 軽トラ荷台鳥居を単管パイプ強化Ⅱ LABO(ラボ)継手金具 Shop tankan.tv