単管パイプ工作『犠牲防触作用とは』LABO(ラボ)は金具溶融亜鉛メッキ仕上げ

犠牲防食作用とは、亜鉛めっきに、万一、キズが発生し、素地の鉄が露出したとしても、キズの周囲の亜鉛が「鉄より先に溶け出して」電気化学的に保護するため、鉄を腐食させない作用です。 鉄は価格が安く、機械的性能が優れているので大量に使用されています。

単管パイプの表面処理と同じ、溶融亜鉛メッキ仕様の LABO(ラボ)金具使用でサビを長期間抑える事が出来ます。

溶融亜鉛メッキの最大の特徴とは犠牲防触作用です

 金具だけ錆びてる写真, 『野外で一度は見たことありますか!!』No. 211820201020

LABO(ラボ)金具の表面処理は溶融亜鉛めっき仕上げです。

メッキ層の厚さの違いと主な用途

溶融亜鉛メッキとは暴錆メッキ』  『電気亜鉛メッキとは装飾メッキ』です。

溶融亜鉛メッキと電気亜鉛メッキの違い、メッキの膜厚が約4~約25倍溶融亜鉛メッキ厚くて、非常に高い耐食性がある。

電気メッキ(メッキ層 極薄い)や ダクロメッキ(メッキと言っても 塗料でキズに弱い)では、犠牲防触作用が無いから錆が早い。

パイプも時間が経つともらい錆び発生します。

『ロ-バル (ROVAL)って何?』常温亜鉛メッキ塗料

単管パイプの表面処理は溶融亜鉛メッキ仕上げの為にの長期間サビを抑えられますが、工作中のキズや切断面の補修をお薦めします。

溶融亜鉛メッキとは(犠牲防触作用と保護被膜作用)

単管パイプとは

* 単管パイプの強度とは、中間荷重(質量)を加えてから、取り去ると元に戻れる最大荷重(たわみ状態)。

* たわみとは、元に戻れる曲がり。

* 永久変形(曲がり)とは、曲がったまま元に戻らない。

溶融亜鉛メッキとは、保護被膜作業と犠牲防食作業、が有りキズ付いた箇所に亜鉛が溶け出して、亜鉛の酸化皮膚幕が形成されるので錆に強い。

メーカーマーキング確認(メーカーによりマーキングは異なります、マーキング無しは粗悪品か規格外)

@@@ 単管パイプは溶融亜鉛鍍金だから、金具も溶融亜鉛メッキで長期間サビを防げます @@@

選ぶならどっち・・・・・肉厚2.4mmは一般炭素鋼管(JIS G-3444) と 肉厚1.8mm高張力炭素鋼鋼管

単管パイプの強度 肉厚1.8と2.4mm 選ぶなら軽くて作業性が良く強度も強い1.8mmですよ!!!

単管パイプの強度とは・・・両端支点モーメント(中間荷重・たわみ)で荷重を取り去ると、元に戻れる最大荷重のこと。

自分で出せる、両端支点モーメント(中間荷重)元に戻れる目安、エクセルダウンロード

LABO金具はFCD鋳鉄(チュウテツ)の素材だから錆づらい なぜ鋳鉄は鋼に比べ、錆が進行しにくいのでしょうか。

出来る限り、パイプの加工は避ける、パイプ本来の物性値の変化により強度の低下とサビの発生を回避して安全第一を優先する。

LABO(ラボ)金具本体は溶融亜鉛メッキ仕上げです。(こんな物もできます)

注意:例、豪雪地域の様な地域の場所に合った適正な構造(強化)する事が重要です。 

LABO(ラボ)金具本体は溶融亜鉛です。 (パイプ止まり金具と貫通金具)

LABO(ラボ)金具本体は溶融亜鉛です。 ボルト止め・筋交い・木材接続・窓枠・壁取り付け・基礎ベースの金具類

LABO(ラボ)金具本体は溶融亜鉛です。(キャスター)

LABO(ラボ)金具本体は溶融亜鉛です。つなぎ金具・水平調整金具・基礎ベース金具・アタッチメント金具・木材止め(サドルベース)金具・キャップ

ここから・・・・LABO(ラボ)金具の発信地、日本のほぼ真ん中ときがわ町

日本のほぼ真ん中ってどこなの、主張主張したがるワケがスゲー

日本のほぼ真ん中4連発

ときがわ町 単管DIYランド 倉庫

右折して約4kmでほぼ真ん中ときがわ町

左折して約4kmでほぼ真ん中ときがわ町

この先日本のほぼ真ん中ときがわ町です。

日本のほぼ真ん中4連発ときがわ町

お買い物はこちら ↓

単管DIYランド Youtubeチャンネル 楽しく役立つ動画が沢山

単管金具通販 メーカー直販サイト LABO(ラボ) 金具   株式会社 単管DIY研究所

関連記事

  1. 単管パイプ  世界に一つだけの犬小屋 LABO(ラボ)ジョイント直販

  2. 単管パイプ 車庫 LABO(ラボ)直販

  3. デスク(机)単管パイプ DIY 工作 LABO(ラボ) 継手金具ショップ

  4. 単管パイプ インダストリアルな壁棚 LABO(ラボ)ジョイント直販

  5. バイクスタンド 単管パイプDIY工作 LABO(ラボ)継手金具ジョイント通販

  6. 単管パイプ 2畝(うね)またぎ野菜収穫台車 LABO工作部