アタッチメント(G-40A)は木材やコンクリートと金具の接続 『スーパーダイマ』鋼板製

G-40Aの本体はスーパーダイマ鋼板で『切り口の塗装処理が不要』という特性があると言われているいる材質です。tankan.tv

ショッピング~商品のご注文から到着まで・・・お買い物は、下記画像リンクか、当サイト右上ショッピングからも入れます。

G-40Aの本体はスーパーダイマ鋼板で『切り口や塗装処理が不要』という特性があると言われている材質です。

筋交いの木材部 № 9920201210

基礎ブロック市販品・基礎金具・水平調整金具・壁金具・アタッチメント・サッシ取付金具

アタッチメントアングルピース(G-40A)はスーパーダイマ鋼板で:ほぼ錆びないと言われる画期的な鉄板です。

ほぼ錆びないと言われているスーパーダイマ鋼板仕様のアタッチメントアングルピース(G-40A)LABO金具

LABO(ラボ)金具の耐候性確認サンプル場所 溶融亜鉛メッキとスーパーダイマ鋼板と亜鉛メッキ鋼板等

コンクリートとアンカーボルトで接続 コンクリートドリル10.5mmを振動ドリルに取り付けて穴あけ作業、アンカーボルトを穴に挿入上部のピンを叩いて完了。(アンカーボルトは、M10-60mm使用)

木材とコンクリートの単管パイプ筋交い

強化対策することも出来ますよ・・・・

左(G-40A, 対面2個使用)  右(G-40A, 片側1個使用)

LABO(ラボ)金具類でこんな物もできます。

LABO(ラボ)金具は溶融亜鉛メッキ仕上げです・・・ドブメッキとか天ぷらメッキとも呼ぶ・・・

だから金具も溶融亜鉛メッキ(異種金属接触腐食と犠牲防触作用)LABO金具は溶融亜鉛メッキ仕上

犠牲防食作用 腐食を防ぐ「犠牲防食作用」は、亜鉛めっきに、万一、キズが発生し、素地の鉄が露出したとしても、キズの周囲の亜鉛が「鉄より先に溶け出して」電気化学的に保護するため、鉄を腐食させない作用です。 鉄は価格が安く、機械的性能が優れているので大量に使用されています。(だから金具も溶融亜鉛メッキ仕上げ

一度は見たことありますか!!!! 錆びはここから始まります。

メッキの違い(電気メッキと溶融亜鉛メッキ)で金具から侵食パイプもいずれ錆びが広がる。(参考資料)   

ほぼ錆びないと言われる画期的なザム鉄板使用の 単管パイプ専用 LABOキャップ (K-1C)

LABO protection cap K-1C(CR)  とは

保護キャップ・呼称イロイロ・ゴムキャップ・安全キャップ・単管キャップ・パイプキャップ・端末キャップ・当

材質(クロロプレンゴム) 使用環境により異なりますので、劣化したら交換してください。

基礎ブロックとは  建築資材店やホームセンター等で市販製品です。(沓石とも言うそうです)

サンプル写真、単管パイプ柵金具、直交クロスクランプ (B-2XB) ⇒   

単管パイプ扉の造り方・・・①垂れ防止のターンバックルでの筋交い ②トビラのスットパー(トビラ止め)

単管パイプ扉の造り方・・・①垂れ防止のターンバックルでの筋交い ②トビラのスットパー(トビラ止め)

ウエスタンラッチ(カインズホーム購入) ウエスタンラッチの詳細は カインズホーム リンク

ドリルビスとは、薄い鉄板に穴を空けながらネジを締め込み止めるビスです。

金具取付には、ドリルで下穴3.8mm貫通させてドリルビスM4-16mmでネジを切りながら締め付け固定する。

LABO金具と金具の接続に便利な角根丸頭ボルトをお勧めします。

作業性が良い角根丸頭ボルトセット(M10-25-N)角根ボルト・ワッシャー・スプリングワッシャー・ナット の『4点1組』

単管パイプ専用吊バンド(J-TB)使用例

注意:単管パイプ小屋建てる際には、確認のお勧め。

単管パイプ多目的小屋 軒タイプのパイプ骨組み

あなたのアイディアで、使用方法も、形も外壁、サイズも自由自在 アイソメ立体図

単管パイプ多目的小屋 テントタイプのパイプ骨組み

あなたのアイディアで、使用方法も、形も外壁、サイズも自由自在 アイソメ立体図

開口部の強化『二重パイプ構造』屋根テントタイプのパイプ骨組み

あなたのアイディアで、使用方法も、形も外壁、サイズも自由自在 アイソメ立体図

開口部の強化『二重パイプ構造』屋根軒タイプのパイプ骨組み

あなたのアイディアで、使用方法も、形も外壁、サイズも自由自在 アイソメ立体図

単管パイプの多目的小屋

窓を付ける(アルミサッシ)の取り付け枠工事

単管パイプにSPF材の枠を取り付ける金具(D-1Z))1ヶ所に4個使用(縦パイプ・横パイプに取付方)

LABO金具は木材との相性を考えた金具です。

パイプが金具の肉厚分5mm浮くサドル D-1WB(両側サドルベース)・D-1SB(片側サドルベース)・D-1LB(コーナー用サドルベース)

パイプに直付けサドル J-1S(サドル)

単管パイプと(木材・コンクリート支柱)等の接続金具類

パイプが金具の肉厚分5mm浮くサドル D-1WB(両サドルベース)・D-1SB(片サドルベース)・D-1LB(コーナーサドルベース)

パイプに直付けサドル J-1S(サドル)

 

単管パイプと木材のDIY工作に便利な、SPF材とは

パイプと木材の直付け接続金具(J-1S)

注意:弊社HPに『掲載写真工作類・アイソメ立体図の工作・弊社の動画当』は参考資料であり保証値ではございません、自作工作物は自己責任と成ります。  !!!取り付けビスの締め忘れにも注意必要です!!!

単管パイプ本来の物性値の変化で、強度の低下を起こす原因を,出来る限り取り去る工夫をしよう。

単管パイプ工作マニアの必需品『パイプ保管台』

下の掃除が簡単、雨の跳ね上げ汚れの軽減、底高パイプ保管台

単管パイプ保管台底高タイプ の2台1セット分、金具と保護キャプ数量『B-2T×8個・K-1C(CR×12個)

単管パイプ使うならどっち

購入前にパイプのマーキングで確認

単管パイプの強度とは:中間荷重(質量)で荷重を取り去るとパイプが元に戻れる(復元)できる最大荷重です。参考資料

両端支点のモーメント(M=PL/4)   中間荷重の算出数式 一般炭素鋼鋼管(JIS G 3444) 100mm間隔

LABO(ラボ)金具の止めビスとは・・ここが違う  (本体ネジ部にサビ出ても結合しにくい為に、止めビスにステンレス使用)         1金具の特徴:止めビスの締め付後、金具の突起がほぼ無く板等の取り付けがスッキリ出来ます。(引抜強度15Nmで610kg

締め付け強度(トルク)と引き抜き強度への変化

単管パイプとLABO『ラボ』金具の引き抜き強度の目安(参考資料)

1)トルクレンチ締め付け15Nm引き抜き荷重610k(5970N)

2)Lレンチで手締め引き抜き強度380k(3720N)

3)トルクレンチ締め付け12Nm引き抜き荷重370k(3620N)

お買い物はこちら ↓

単管DIYランド Youtubeチャンネル 楽しく役立つ動画が沢山

単管金具通販 メーカー直販サイト LABO(ラボ) 金具   株式会社 単管DIY研究所

関連記事

  1. 単管パイプで三角柱を作る方法を考えてみました!

  2. 【お客様投稿作品】古いおうちに防災ベッド! 単管パイプ DIY

  3. 【LABO金具紹介】ヒンジ金具 B-2H 単管パイプ 外径φ48.6mm

  4. 単管パイプ 引抜、中間荷重簡易試験台 LABO(ラボ)ジョイント直販 tankan.tv

  5. 単管パイプ 階段付きロフトベット LABO(ラボ)継手ショップ tankan.tv

  6. 単管パイプで造る小屋、倉庫、自転車置場 LABO(ラボ)メーカークランプ直販サイト