単管中間強度 数式でなく 試験台を作り数値がでた、2m中間荷重(数式122kg・簡易試験350kg)

本当のパイプの強度を知りたくて、数式(両端支点モーメント)で無く実際に試験台を作って試験をしてみた。簡易試験(クレースケール・チェ-ンブロック)

単管工作金具の予算、多くの工作物の使用金具が解る Google画像へリンク

単管DIYランドの多くの工作物を見える Google画像へリンク

簡易試験結果は下記の通りでした。

単管パイプ中間荷重、肉厚1.8mm×2000mmは400kg永久変形(荷重を取り去っても、曲がりは元に戻らなっかた)参考資料

単管パイプ中間荷重、肉厚2.4mm×2000mmは350kg永久変形(荷重を取り去っても、曲がりは元に戻らなっかた)参考資料                             

単管パイプ2m支点っでの中間荷重(質量)150kg~50kg単位でパイプの永久変形を確認しました。                             

パイプを試験台にセット状態                                                                           

パイプに荷重を掛けた状態、数値を確認して荷重を取り去って曲がりを確認の繰り返し(荷重50kg単位)                                     

LABO(ラボ)金具の止めビスとは・・ここが違う  (本体ネジ部にサビ出ても結合しにくい為に、止めビスにステンレス使用)

金具の特徴:止めビスの締め付後、金具の突起がほぼ無く板等の取り付けがスッキリ出来ます。(引抜強度15Nmで610kg)                               

同じ金具に同じ太さの(M10)のボルトを着けてみた。                                                                  

数式による数値です。↓ ↓ ↓

パイプの強度とは・・・両端支点モーメント(中間荷重・たわみ)で荷重を取り去ると、元に戻れる最大荷重のこと。

肉厚2.4mmの参考中間強度 1m-243kg・2m-122kg ・3m-81kg・4m-61kg ・5m-49kg・6m-41kg                                       

作る楽しさ、出来る喜び、LABO で広がる可能性・・・ラボジョイント(金具)ではこんな物が出来ます。                                       

お買い物はこちら ↓

単管DIYランド YoutubeチャンネルTYA 楽しく役立つ動画が沢山

単管金具通販 メーカー直販サイト LABO(ラボ) 金具   株式会社 単管DIY研究所

関連記事

  1. 単管パイプ 風が抜ける塀の単管骨組 築15年びくともしない板塀 LABO(ラボ)金具 tankan.tv/

  2. 単管パイプ(階段手摺)金具の予算は、4種類17点で7,280円 LABO(ラボ)ジョイント通販

  3. バイクスタンド 単管パイプDIY工作 LABO(ラボ)ジョイント直販

  4. 単管パイプ継手 ジョイン太くん 大和鋼管工業㈱ 三宅さんに聞いてみた(現代農業より)

  5. 単管パイプ小屋 (一級建築士が漁師小屋を造る) LABO(ラボ)クランプ、ジョイント、通販 tankan.tv/

  6. 単管金具のショップ 薪置き場 単管パイプDIY工作 LABO(ラボ)ジョイント通販